熱海市盛り土流出事故被害者の会

メインビジュアルその1
メインビジュアルその2
メインビジュアルその3

2021年7月3日(土)10時30分頃
熱海市伊豆山にて違法に造成された盛り土崩落による土石流が発生。
突如として、27名の尊い人生が強制的に奪われ、130戸以上の家屋が甚大な損壊を受けたことにより多くの平穏な生活が奪われてしまいました。

熱海市盛り土流出事故被害者の会

悲しみ、苦しみ、戸惑い、絶望、願い、怒り、発災以来、私たち被害者は様々な感情に押し潰されそうになりながら我が身に起こった現実から立ち直ることができずにいました。

愛する家族を失ったショックから、言葉を発することも他人と目を合わすこともできない人がいます。
先祖代々生活してきた家を流されたことで、今までの人生全てを失った様な虚無感に支配されている人がいます。
家族と財産を失い、今なお絶望の闇から抜け出せない人がいます。
家屋損壊と土石流との因果関係の濃淡判定により十分な支援を受けることができず、途方に暮れている人がいます。

被害者の境遇は様々でしたが、同じ被害を受けた人たちで寄り添い、助け合うコミュニティが自然発生的に根付いてきました。
そして私たち被害者は発災から約1か月後の2021年8月8日「団結」して、力を結集し、前を向いて長い闘いに臨んで行こう!という決断をしました。
この人災を引き起こした当事者達を絶対に許さない!という怒りが共通の原動力となり、共鳴する被害者のネットワークが広がっていきました。

今、私たち熱海市盛り土流出事故被害者の会は、この様な悲劇を2度と起こさない世の中の抑止力として、制度の見直し・法整備・悪徳業者の排除・行政の不作為に対しての一助となることを通じて、将来の世の中を少しでも良い方向にするベンチマークとなることを会の最終的な目標としております。
その為にやるべきことは着実に全て行います。どれだけ時間が掛かっても諦めません。唯一の心配はこの出来事が風化してしまう事です。
内心不安に思っている被害者も少なくありませんが、我々の活動に関心を持って、ご支援戴ける皆様の存在こそが我々被害者の心の支えになります。

どうか世の中を変える私たちの取り組みにご賛同賜りまして、長くご支援の手を差し伸べて頂けますと幸甚に存じます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

熱海市盛り土流出事故被害者の会
会長 瀬下雄史

ご支援のお願い

私たち被害者の多くは盛り土流出事故によりほぼ全ての財産を失ってしまいました。
被災の苦しみに加え、生活再建への長く苦しい道のりを歩んでいかなければなりません。
その為、会費制ではなく、皆様からの温かいご支援、ご寄付により会の運営をしております。
集団訴訟には訴額1,000万円に対して5万円の印紙代が必要になります。その後1,000万円毎に3万円の印紙代が必要になって参ります。
つまり1億円の損害賠償請求をする為には32万円の印紙代が世帯として必要になりますが、被害者の現状ではその金額を捻出することは非常に困難です。どうか被害者の現状にご理解賜りまして、温かいご支援の手を差し伸べて頂けましたら幸甚に存じます。
また、会としては2度とこの様な悲劇を繰り返すことのない世の中の実現に向けて、裁判終了後も微力ながら活動を続けて参る所存でございます。
併せまして、永いご協力ご支援賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

弁護団のご紹介

加藤 博太郎氏
弁護団長
弁護士加藤 博太郎

【紹介】
集団訴訟(原告側)、多数の被害者がいる事件の解決を専門としている。
これまで、スルガ銀行不正融資事件、かぼちゃの馬車事件など、多数の著名事件の解決に務める。

【意気込み】
ご遺族・被災者に寄り添い、甚大な被害を生じさせた事件の真相解明、責任の追及をしっかりと進めていきたいと考えています。

驫木 博信氏
共同弁護団長
弁護士轟木 博信

【紹介】
企業法務を中心としながらも、東京2020大会・選手村(晴海フラッグ)引渡期日遅延に関する損害賠償請求事件、スタートアップ・大企業間の紛争から不動産関連訴訟など、多数の民事紛争案件を担当し、解決に務める。

【意気込み】
今回の災害では、何ら落ち度のない多くの方々の命が一瞬で奪われました。一人の法律家として、今回の災害の真相の解明と責任の追及を徹底的に行うとともに、私たちが暮らす社会の中でこのような不条理な出来事が二度と発生することがないよう、あらゆる手段を尽くしたいと考えています。

浅川 拓也氏
 
弁護士浅川 拓也

【紹介】
一般民事事件を中心としながら、集団訴訟や行政訴訟などの大規模事件を担当するなど幅広く活動し、数多くの事件の解決に務める。

【意気込み】
今回の災害の原因を追及し、ご遺族、被災者の方の無念を晴らすとともに、今後の社会のためにも二度とこのような災害が発生しないよう、弁護士としてあらゆる手段で尽力していきたいと考えております。